• HOME
  • 保険会社解説
  • 保険商品解説
  • お悩み相談
  • 保険コラム
  • お問合せ
保険コラム
お悩み相談に問合せをしてみる ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる
保障内容の見直し
2014.02.27
young asian businesswomen working

生命保険見直しのポイントには大きく分けて3つあります。
1.生命保険に加入した目的は何か?
2.保険料は適切か?
3.生命保険金の額が適切か?
 加入する生命保険による保障額が少ないと思われた方は、定期保険を上乗せしたり、特約を中途で付加する方法が考えられます。保障額が多いと思われた方は、保険金額を減らしたり特約を解約する方法が考えられます。また、生命保険料に負担を感じる方には、延長保険や払済保険へ変更することで生命保険料の支払いをやめても保障を継続させる方法を取ることがよいかと思います。
1. そもそも当初生命保険に加入した目的は何だったのか改めて振り返ってみましょう。貯蓄性を重視していたのか、月額保険料を抑えたかったのか等、そしてその際に重視していた事が現在では変わっているか?今一度確認してみましょう。そして、当時より保険商品自体も増えていると思いますので、何社かの見積もりをとってみて、見直す等をしてみるのも良いかもしれません。
2. 保険料は現在の収入、家計の状況と照らしあわせて適切であるか見なおしてみましょう。当時より、収入が増えて余裕が生まれたのであれば、保険内容を手厚くしても良いかもしれません。逆の場合は、月々の保険料を減らしたり、貯蓄が思うように進んでいない場合は、貯蓄性のある保険にする等、今現在のライフステージと今後の見通しを踏まえて再検討してみましょう。
3. 生命保険の額は適切かどうか今一度見なおしてみましょう。万が一の場合に必要な保障額が現在の家族構成、生活状況と比較して足りなくなってはいないでしょうか。例えば、お子さんが増えたり、私立に通う事になった、貯蓄が思うように出来ていない、そのような場合には、万が一の時に備えて、生命保険金の額を増やすことを検討しても良いかもしれません。逆に、貯蓄や他の資産運用がうまくいっている場合は、保険料を減らす等も検討してみても良いかもしれません。
いずれにしろ、契約更新時には、一度、他社の製品を見積もってみるなど、じっくり検討される事をオススメします。

新着記事
悩む女の子

公的医療保険で保障されない費用

東京のビル群

会社の福利厚生等

Young asian smiling businesswoman and businessman

高額療養費制度

corridor

公的医療保険

打合せするOL

医療保険の選び方

young asian businesswomen working

保障内容の見直し

パソコンを使う女性

なぜ保険に入るのか?

若い女性

共済と保険の違い

Fotolia_40637208_S

生命保険料の内訳

black

生命保険の仕組み

家族

生命保険の目的・役割

世界の中の日本

47都道府県名×保険見直し・相…

保険のミカタについて

保険のミカタは、実際に加入されている方や検討している方の「生の声」を共有するサイトです。インターネットを通じて、あらゆる情報が出回っているものの、結局何が良いの?というのは「よく分からない」のが実状です。
必要な補償と範囲を自分で決めて、最終判断は自ら行うものの、それに至るまでに、どれだけ「有益な情報」を得られるかがカギとなります。我々は特定の保険会社や商品をオススメする事はしません。
ユーザーの方にとって、あらゆる選択肢と判断する材料を提示する存在を目指しております。サイトの編集部も自身で保険選びに困った事のあるメンバーばかりです。自分が困った事や不安だった事を中心に記事にまとめ、多くの方に共有出来る場所となれればと考えています。
未来への備えが、これまで以上に素晴らしいモノとなるお手伝いが出来れば幸いです。

  • お悩み相談に問合せをしてみる
  • ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる