• HOME
  • 保険会社解説
  • 保険商品解説
  • お悩み相談
  • 保険コラム
  • お問合せ
保険コラム
お悩み相談に問合せをしてみる ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる
医療保険の選び方
2014.02.27
打合せするOL

医療保険は、各保険会社様々なタイプの保険を出しており、特約条項を加えると何パターンかに分かれるなど、選ぶのに迷う保険です。そこで、医療保険の選び方について、そのポイントを簡単に説明したいと思います。
医療保険の基本的な構成は、入院を保障される日数と保障額で全てが決まります。どんなに魅力的に思える保障内容でも、保障される日数が短いと保障とは言えません。
ポイントは、入院を保障される日数のことを1回入院、1入院という表現で保障日数を制限されていますのでその点を注意することです。
つまり、1回ごとの入院の保障ではなく、全ての入院を合計した日数を1回入院または1入院とみなされることになる場合がありますので、約款を注意深く読み、事前に保険会社に確認しましょう。
では、長期入院になると思われる病気とはどんな病気でしょうか?例えば、生死に関わる重い病気や、精神障害、重い後遺障害状態になった場合などが考えられますが、こんな病気や障害を生涯で何度も異なって患う可能性は低いと言えるでしょう。こんな入院になると、全ての入院日数を1回入院または1入院とみなされることになる場合が少ないのです。
長期入院になる確率は高くなくても、なったら困りますから医療保険の保障期間は1入院の日数が長期入院対応の日数が良いと思います。
では、反対に短期入院しかしないと考えられる場合は、総合判断で短期入院だけの場合はメリットになる保険は皆無ですので、保障される額と保険料負担額から判断してメリットがないことが分かります。
入院日額を揃えて1入院の日数で保険料を見比べますと、1入院の日数が短い程、
保険料は安くなっています。反対に、保障される総額から保険料を見比べますと、1入院の日数が短い程、実質保険料は高いことが分かります。
その他、ガンなどの生活習慣病や、3大疾病など特定の病気に特化した保険もありますので、ご自身の状況に照らしあわせて判断されるのが良いでしょう。

新着記事
悩む女の子

公的医療保険で保障されない費用

東京のビル群

会社の福利厚生等

Young asian smiling businesswoman and businessman

高額療養費制度

corridor

公的医療保険

打合せするOL

医療保険の選び方

young asian businesswomen working

保障内容の見直し

パソコンを使う女性

なぜ保険に入るのか?

若い女性

共済と保険の違い

Fotolia_40637208_S

生命保険料の内訳

black

生命保険の仕組み

家族

生命保険の目的・役割

世界の中の日本

47都道府県名×保険見直し・相…

保険のミカタについて

保険のミカタは、実際に加入されている方や検討している方の「生の声」を共有するサイトです。インターネットを通じて、あらゆる情報が出回っているものの、結局何が良いの?というのは「よく分からない」のが実状です。
必要な補償と範囲を自分で決めて、最終判断は自ら行うものの、それに至るまでに、どれだけ「有益な情報」を得られるかがカギとなります。我々は特定の保険会社や商品をオススメする事はしません。
ユーザーの方にとって、あらゆる選択肢と判断する材料を提示する存在を目指しております。サイトの編集部も自身で保険選びに困った事のあるメンバーばかりです。自分が困った事や不安だった事を中心に記事にまとめ、多くの方に共有出来る場所となれればと考えています。
未来への備えが、これまで以上に素晴らしいモノとなるお手伝いが出来れば幸いです。

  • お悩み相談に問合せをしてみる
  • ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる