• HOME
  • 保険会社解説
  • 保険商品解説
  • お悩み相談
  • 保険コラム
  • お問合せ
保険商品解説
お悩み相談に問合せをしてみる ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる
「新じぶんへの保険レディース」とは?
2014.06.16

ライフネット生命保険株式会社には、「新じぶんへの保険レディース」という女性専用の医療保険商品があります。
負担の少ない保険料でありながら、保障は生涯にわたって続きます。

特徴としては乳がん、子宮筋腫、子宮がん、卵巣機能障害などといった女性に特有の病気を理由として入院した場合ですと、通常の入院給付金と上乗せされるかたちで、入院給付金の日額に入院日数を乗じた「女性入院給付金」も受け取ることができるようになっています。
また、入院日と退院日が同じ日付である日帰り入院から保障に含まれるため、短期入院であっても安心することができます。

ここで入院日数が5日以内であれば、たとえその入院が日帰りであっても5日分の入院給付金を受け取ることができます。
たとえば子宮鏡下手術の目的で4日間の入院をした場合ですと、受取額は入院給付金日額を10,000円に設定した場合で5日分の入院給付金である50,000円、4日分の女性入院給付金である40,000円、手術給付金については入院給付金の日額である10,000円の10倍で100,000円となり、合計で190,000円ということになります。

「おすすめコース」を選択すれば、三大生活習慣病であるがん、急性心筋梗塞などの心疾患、脳卒中などの脳血管疾患という場合に、1回の入院で対象となる支払限度日数が無制限になります。

こういった疾患については入院期間も長くなりがちであるのですが、支払限度日数に制限がないタイプの医療保険に加入していると安心です。
さらにおすすめコースではがんであるとして最初に診断された際、「がん治療給付金」としてまとまった額の一時金を一括で受け取ることができます。

一時金の金額は入院給付金日額の100倍に設定されていて、日額が10,000円であれば100万円ということになります。
初回のがん治療給付金を受け取ってから1年が経過した後で、あらたにがんの治療として手術や放射線治療、抗がん剤治療を受けた場合にも、同じ額の給付金を受け取ることができます。

がん治療給付金の支払限度回数は、保険期間を通じて5回です。

新着記事

女性に向けた「医療総合保険(み…

「女性サポート保険」とは?

「生きるためのがん保険Days…

「わたしのガン保険」とは?

「カチッと終身がんワタシにごほ…

「保険組曲Bestレディ」とは…

「愛ある医療保険レディーライフ…

「メディカルレディース」とは?

「フェミニーヌ」とは?

「ABCおかあさん保険」とは?

「新じぶんへの保険レディース」…

「みんなのほすピタる3,000…

保険のミカタについて

保険のミカタは、実際に加入されている方や検討している方の「生の声」を共有するサイトです。インターネットを通じて、あらゆる情報が出回っているものの、結局何が良いの?というのは「よく分からない」のが実状です。
必要な補償と範囲を自分で決めて、最終判断は自ら行うものの、それに至るまでに、どれだけ「有益な情報」を得られるかがカギとなります。我々は特定の保険会社や商品をオススメする事はしません。
ユーザーの方にとって、あらゆる選択肢と判断する材料を提示する存在を目指しております。サイトの編集部も自身で保険選びに困った事のあるメンバーばかりです。自分が困った事や不安だった事を中心に記事にまとめ、多くの方に共有出来る場所となれればと考えています。
未来への備えが、これまで以上に素晴らしいモノとなるお手伝いが出来れば幸いです。

  • お悩み相談に問合せをしてみる
  • ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談をしてみる